ブナの森動物病院の診療・サービス内容をご紹介します。

 

診療のご案内、診療方針や診療対象動物・科目・診療時間のご案内。

ワクチンのご案内

 ワクチンのご予定の方はアレルギー反応が起こることも考えて午前中の来院をお勧めしておりますが、午後に接種することも可能です。



ワクチンはなぜ必要なの…?


子猫も子犬も生まれてからしばらくは、母親からもらった免疫でしばらく感染症から守ってもらっていますが、この免疫は長続きせず8週齢くらいから徐々に減っていってしまいます。そのため今度は私たちが動物にワクチンを打ち病気から守る必要があるのです。


いつ打てばいいの?


子犬子猫の時期は一か月おきに2回から3回打つことが多いですが、そのわんちゃんねこちゃんの育った環境やおうちに来るまでに打ったワクチンの時期、またこれからのライフスタイルによってワクチンの時期や種類、打つ回数は変わってきますので獣医師と相談しながら一番良いワクチンプログラムを選びましょう。
また子犬子猫の時期に打ったワクチンで一生感染症から守られるわけではありません。
基本的に一年おきの定期的なワクチン接種が必要となります。


当院で打つことのできるワクチンの種類


予防できる病気の数によってワクチンの種類はかわります。
わんちゃんねこちゃんのライススタイルに合ったワクチンを打つために、高齢になってライフスタイルがかわって今までのワクチンを見直したいなど何か気になることがあれば接種前に獣医師に相談してください。

犬:5種混合ワクチン、6種混合ワクチン、7種混合ワクチン、9種混合ワクチン 、10種混合ワクチン
猫:3種混合ワクチン…カリシウイルス、ヘルペスウイルス、パルボウイルス
  4種混合ワクチン…3種に加えて猫白血病ウイルスの予防ができます。


ワクチン接種後に注意すること


  1. アレルギーに対する注意
    ワクチン接種後一時間特に10分くらいはアレルギー反応が起きないか注意が必要です。そのため当院では接種後10分以上は病院で様子を見てもらっています。また一時的に元気や食欲がなくなったり、接種部位を痛がったり、発熱、嘔吐、下痢、ムーンフェイス(お顔が腫れてしまう状態)などが起こることがありますが2~3日で良くなることがほとんどです。
    帰宅後何かいつもと違う様子が見られたときは病院にご連絡ください。
    下記のような症状が診られた場合は必ずご連絡ください。
    ・ムーンフェイス(お顔が腫れてしまう状態)
    ・じんましん
    ・3〜4回以上の嘔吐
    ・2〜3日たっても食欲や元気が戻らない。

  2. 2~3日は激しい運動やシャンプーは避けてください。
  3. 一回のワクチンの効果は一生続くものではありません。定期的なワクチンの追加接種を受けてください。


こころにもワクチンを…


わんちゃんの性格形成には子犬の時の生活環境が大きく影響し、とくに生後3週齢から14週齢の社会化期がとても重要です。この時期にほかのわんちゃんや人間との接触、車の音などに遭遇する機会がなかったりして、刺激のない生活環境で過ごした子犬は社交性が低く、臆病でいろいろなものに過剰に反応してしまう傾向があることがわかっています。具体的には、知らない人に吠えてしまったり、いきなり噛み付いてしまったり、体を触らせないために病院での診察が困難になったり、など将来にわたってわんちゃんも飼い主さまもストレスをかかえることになることがあります。

当院では、このようなことをできるだけ避けるために、早期の子犬の教育に力を入れています。

初年度3回目のワクチンが終わったわんちゃんから、パピークラスをお勧めしています。病院でクラスやパーティーを開催していますので、飼い主様にはわんちゃんと遊びながら、わんちゃんの性格やこれから気をつけていくことなどについて、知っていただけたらと思います。
ブログにて、パピークラスやパーティーの様子を見ることが出来ます。かわいいわんちゃんがたくさん載っていますので、是非覗いてみてください。

またワクチンと社会化どちらを優先したらよいのか悩まれている方はご相談ください。



ブナの森動物病院
Bunanomori animal Hospital

〒212-0055
神奈川県川崎市幸区南加瀬2-20-1 
南加瀬ビル101

TEL 044-280-7875